北海道の釣り★KANDEKO★日記
北海道で釣りを楽しむ嫁の日記。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012 春の山菜
  気がつくと今年の山菜採りの様子を書きとめてなかった

来年の春、「そう言えば去年いつ頃どこで採ったっけ???」と思ったときに
さっと振りかえられるように、自分のためにまとめておきます。

2012年の春は去年にもまして、遅かった。

4月28日(土)

行者ニンニクを道南で採取
昨年見つけたパラダイスへまっしぐら。

PA0_0039.jpg  PA0_0041_20120617172837.jpg
PA0_0042.jpg PA0_0043.jpg

日当たりの良いところの行者ニンニクは太くて青々、ツヤツヤとしておりました。
これだけ沢山生えてくれてると、採取していても「私達、間引いてあげてる(上から目線)」って感じで、
良心が痛みません。

PA0_0038.jpg PA0_0037_20120617172917.jpg
↑採った行者ニンニクはジンギスカンに入れてみたり(見た目汚い・・・)、
行者ニンニク餃子にしてみたりしました。

ご存じのとおり、行者ニンニクはニラとニンニクとネギの三役を担ってくれるので、これがまた餃子に最適。

こちらは5月10日に会社帰りに採った山菜の王様・タラの芽↓

PA0_0036_20120617172917.jpg 
採ったタラの芽はすぐに家で天ぷらに。

ただ残念なことに、このエリアのタラの芽には小さい甲虫が沢山ついてました。
袋に入れて水攻めにして除いたつもりですが、もしかしたら食べちゃってるかも…
まぁ、タンパク源ってことで仕方ない。
スポンサーサイト
釣れないから山菜へ
そろそろ山菜の季節。
今年は春が遅いせいか行者ニンニクの生育も遅れ気味のようです。
去年は今時期道南は豊作だったのですが・・・。
来週こそは最盛期かな?!
まずは旦那に偵察してきてもらいました↓

4月21日(日)

今回も日曜日1日だけの出勤です。

朝、新甫川河口へ着くとものすごい出し風で立っていられないほどだったので、
風裏になる岩場へ移動。

それほど悪い感じはしなかったけど、アタリすらなし。
餌の人がポツポツとホッケを釣っている程度。

しょうがないからいつものオコツナイに移動するも何もなし。
このままではまずいとホッケ狙いの赤岩でもホッケのショートバイトと
やる気のないアメマスの追いがあっただけ。

この日は釣りの他に、山菜の様子を見るというミッションがあったので、
適当に川沿いに入ってみると、結構行者ニンニクが生えていました。

買い物袋1袋半ほど集めたところで、久しぶりの山歩きで足が痛くなり終了。

夕方、再度オコツナイで起死回生の一匹を狙ったけど、結局ボーズ。
でも隣のおっちゃんはその日2匹目のサクラを釣っていたから、釣る人は
釣れるもんですね。

PA0_0035.jpg


2011年 タラの芽採り 再び
2011年5月22日(日)夕方

すっかりタラの芽の虜になった私たち夫婦は、
先週に引き続き再びタラの芽ハントへ出かけました。
今度は皮手袋、ロープ、ナイロン製上下の服を着て、準備万端。

しかし、日曜の夕方行ったせいか、先週のポイントはほとんど採られてました
残ってるタラの芽も育ちすぎて芽の棘が痛々しい。
食べたら喉に刺さりそうです。

ピークは先週だったか…
タラの芽のシーズンは一瞬だね。

などと話しながら、ガックリと肩を落として車を走らせていると、
突然旦那が
「あの奥にありそう」と車を止めて林の中に入っていきました。
???

私も後をついていくと、
なんとなんと、
そこにはちょうど食べごろのタラの芽達がニョキニョキ生えたタラの芽パラダイスが広がっていたのです
しかも太い

荒れ地の棘を手足に刺しながらも、無我夢中でタラの芽をとりました。
PA0_0029_20110601231414.jpg 

収穫したタラの芽の半分は岩手の実家へ、旦那が釣ってきたサクラマスと共に送りました。
残りの半分袴をとって分類したもの。

20110525083838.jpg

病み上がりにはしゃぎ過ぎて、
夜にまた熱っぽくなってしまったので、翌日調理。
天ぷらとクルミ味噌炒め、ホイル焼き、味噌汁、サクラマスの味噌タラの芽あんかけなどにして食べてみましたが、
やっぱり天ぷらが一番美味しいと思いました。 
PA0_0027_20110601231414.jpg

春の味を堪能出来ました。

次はタケノコだっ!!
タラの芽 
 20110517082804.jpg
2011年5月15日(日)
釣り帰りに職場の方から教えてもらったタラの芽ポイントへ寄ってみると…
沢山のタラの木達に出会えました♪♪♪
しかも丁度食べごろ。
市内にこんなに生えてるとは
やはり背が高く、よくおがってる木ほど芽が太い。
~タラの芽採りに必要だと思ったもの~
・ロープ(高いタラの木を引き寄せる用。傘の柄を使ってる方も見かけました。)
・皮手袋(タラの木の棘は軍手だと突き抜けます。)
・ツルツルした素材の上下服(タラの木がよく生えてる荒野では棘植物が多い。)

前日に採ったウドと共に天ぷらにしてみました。


↑またもや雑盛り
少しは上手く盛りつけられるようになりたい。
見た目悪いけど、ホクホクして激うまでした

肝心の釣りですが…
昼頃、なんとか旦那が精進川で40センチくらいのアメマスをキャッチ↓ 

20110517224735.jpg 

今回も私はボーズ
魚の感触忘れてしまいました…。
ウド発見!
5月14日島牧

やはり海はウネリ&風強く、海サクラは出来そうにもありません
仕方ないので渓流に変更。
川に入ろうと藪を漕いでいたら、
なんと、
旦那がウドを発見
所々に群生しています。
スーパーで見るのとちょっと違って、
皮に赤みがあって、茎も青々としています。
タケノコもありました。ちょっと細いかな???
種類違うのかな?
山菜初心者なのでよく分かりません。

それにしても春の山は山菜の宝庫ですね
そのあと目的の川にたどり着いたのですが、増水して危なかったので断念
でもウドに出会えて幸せ♪
20110514160603.jpg
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。