北海道の釣り★KANDEKO★日記
北海道で釣りを楽しむ嫁の日記。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
道北デカニジ その3
10月22日(土)

悩まされていた目眩もすっかり落ち着いたので、久々に私も釣りに参戦しました。
実はメニエール病になってしまい、9月の半分は発作続きでまともに生活出来てませんでした。
グルグルと天井が回って、トイレに吐きに行くのもやっと…という状態。
悪化する一方で、「私の人生、これからどうなっちゃうんだろう…」と不安に思っていた時期もあったのですが、
評判の専門医に診ていただいたら、だんだんと回復。
今では耳鳴りもほとんど聞こえなくなってきました。
名医ってスゴイですね!
大げさですが、「人生救ってもらった」と思います。

私の場合、天敵は「睡眠不足」みたい。
夜12時近くに寝る日が何日か続いただけで、耳鳴りが復活してきます。
何て弱い体・・・・。
でも上手く付き合っていくしかないので、早寝を心がけます

もし最近耳鳴りがしてフワフワした感じがする・・という方がいらしゃったら、
長引くと難聴になったり難治化して治りにくくなるそうなので
めまいが来なくても早めにめまい専門医にかかることをお勧めします

前置き長くなりましたが、そんなわけで今回は体調に配慮して、朝遅めの4時半出発。
8時半頃到着。
まずは去年美味しい思いをしたポイントに入ります。
 P1010308.jpg

しかし、投げども投げども無反応。
アタリすらなし。

仕方がないので次のポイントに適当に入ります。
そこで辛うじて私がチビニジ2匹ゲット。 手前ドン深の場所だったので陸上にて撮影させてもらいました。
P1010324.jpg

さらに上流へ行ったところで、旦那が40オーバーをフィッシュ・オン!
しかし、私が写真を撮る前に無念のフック・アウト…

でも『いる!』
ということで、テンション上がって私もヒットエリアで投げていると
私の竿にもアタリが!

40位のニジがやっとかかってくれました。

でも水温せいかニジは跳ることもなく、いつもより動きが鈍い感じ。
でもラインは出されていくので、焦ってドラグを絞めたらまたしてもフック・アウト

今回はラインをPE→ナイロンに変えて、弾きにくくしたはずなのに…
上達しないなぁ

そのあと場所を変え、ポイントもとめてウロウロさまよい終了。
P1010312.jpg 
太陽の周りに輪が出来てました↑
これが暈(カサ)ってやつ?
巻層雲で見られるそうで、この薄い雲が空全体を覆ってくると
天気が下り坂になっていくらしい。

実際この日の夜から強い雨が・・・

10月23日(日)

昨日の夜に大粒の雨が降ったため、川はコーヒー多めのカフェオレ色。
しかも増水。

出来そうな支流を求めてさまようも、見つけられず、
綺麗な水が流れ込んでる合流ポイントで釣りする事にしました。
P1010328.jpg 
奥が泥濁り、手前は綺麗な水が流れ込んでいます。

8時過ぎから開始。
まもなく旦那の竿にチビアメヒット。
P1010326.jpg 

そしてその後、先に入っていたフライマンが55~6センチのニジを釣り上げてました。
増水で投げにくい中フライで釣っててスゴイです。

レッドバンドが鮮やかで綺麗なニジマスでした。
テンション上がって投げ続けましたが、手応えもなく、さらに増水してきた水量に危険を感じて10時頃STOP FISHING

いまいちな結果に終わってしまいました。

しかも体がなまっていたせいか、二日後に全身筋肉痛にみまわれました。
情けない…
スポンサーサイト
道北 デカニジ その2
今回も私(嫁)は留守番(来週は行く予定です)

雨の予報だったのですが、何とか釣りになったよう。
それにしてもルアーのメンテナンス悪過ぎ。バラシが多かったみたい
少ないチャンスをものにするために次回は準備万全で臨まないと

以下旦那の報告↓
10月15日(土)

この日は、最初のポイントに朝7時着。

数少ない知っているポイントを回っていき、昼ごろ40cm半ばのニジが
掛かるも即バレ。
お約束のフックの先が丸まっている状態で使っていました。

その後、2時ごろやっと51cmのニジがhit。
今度はばらすことなく無事ランディング。
ヒットルアーはSSPスプーン黒。

GRP_0034_20111019223136.jpg

この日は、アメマスを1匹追加して終了。
GRP_0033.jpg


この時期は、釣り以外にもキノコ狩りが楽しめ
河畔林を歩いているといろんなキノコ達に出会えます。

今年は、去年に比べてエノキダケ(ユキノシタ)が豊作の
ようであちこちで見かけました。
GRP_0032_20111019223136.jpg


10月16日(日)

天気予報では荒れるようなことを言ってましたが、朝起きると
何とかもっていました。

一発大物をかけるべく、前日よりだいぶ下流域に入ります。

最初のポイントでは、全く反応がなかったけど、次のポイントでは
数投目にいきなりガツンとアタリが!

魚体見え、デカイ!!と思った瞬間、またまたお約束のバレ。
今回は針先そんなに丸まってなかったのに。

気を取り直して、数投後またまたアタリが。

今度はバレないようにがっちり合わせます。
しかし、魚体は見えないものの、どうやらアタリの主はサケ
のよう。
しばらくやり取りしていたらフックが折れて逃げて行きました。

場が荒れたのか、反応もなくなり辛うじて25cmぐらいのニジマスを
釣ってボーズ回避。
GRP_0031_20111019223136.jpg


11時ぐらいには雨が降りだし、土砂降りになったのでストップフィッシング。

今回も目標の60cmを釣ることは出来ませんでしたが、簡単に釣れたらつまらないよね
と強がりを吐きつつ帰宅しました。
道北本流&支流 ニジマス
時がたつのは早いものですね。
秋のデカニジシーズンがやってまいりました。
私は最近すっかり体調壊してしまって意気消沈。
早く全快して、今シーズン一回は行けるといいなー。

旦那は我慢できず、一足先に行ってきたようです↓

9月29日(木)

9月はあんまりいい釣りできておらず、フラストレーションがたまっていたので
思い切ってデカニジを求めて道北へ車を走らせました。

河川情報を見ると下流域はまだ濁りが強そうだったので、上流域へ。

しかし、濁りは何とかなるレベルだったけど、水位がやたら高く、春に来た時より
も増水してました。

心当たりのポイントを車で移動しながら、ルアーを打っていっても全く魚の気配なし。
5か所ほど回ったところで、本流に見切りをつけて支流N川に移動します。
N川は濁りはほとんど無いのですが、水位はかなり高く、ウェーディングでしんどい
思いをしました。

川底はあまり大きな石がなくフラットで魚がついてなさそうなので、
川岸の木がオーバーハングしたいる所を狙ってルアーをキャストしていきます。

入渓してから30分ほどたったところで待望の初アタリが!

この日の初物は52cmのでっぷりした虹鱒でした。
ヒットルアーはダリア65Sガン玉チューン。
GRP_0030.jpg

釣り下っていくと川幅がどんどん広くなり、ミノーじゃ対岸に届かなくなってきたので
スプーンの遠投に変更したところ、30と40cmくらいのニジがhit。

さらに釣り下り、45cmのニジも釣れました。
ヒットルアーはD-3スプーン黒オレンジ10g。

GRP_0029_20111002213801.jpg

その後もチビニジやチビアメを追加し、この日は終了。


9月30日(金)

前日は下流域で釣ったので、この日は上流域を探索してみました。

20kmほど上流に入りますが、渓相は下流域とあまり変わらす、水量が
やや少ないくらい。

はじめはフライでやってみるもバックが全然とれなくしんどいので
またルアーにチェンジします。

車でランガンしながら下流に向かっていきますが、反応悪く
30cm位のニジマスがポツポツ。

夕方、前日の区間に入ったものの、すぐに雨が土砂降りで、そのせいか
全く反応なし。

体も冷え切ったので、この日はグッドサイズ無しでストップフィッシング。

本当は次の日も釣りをする予定でしたが、雨はその後も降り続けやむ気配もなく、
天気予報を見ると大雨注意報もでていたので、泣く泣く帰宅することにしました。

でもとりあえず50cmUpがでたので良いとします。

次は嫁を連れてきて3回目のリベンジマッチかな?


2011年 初夏のデカニジ
6月18~19日

昨年秋にデカニジをかけるもバラしてしまったことが頭を離れず、 リベンジに行ってきました
P1010156.jpg

それにしても初夏の本流釣りは、思いのほか辛かった。
増水して流れが強く、川底は苔でぬるぬる。
私は何度か流されかけ、旦那にレスキュー。
両足浮いた…怖かった!

陸に逃げると藪に埋もれ、蚊にさされ…と竿を振る以前に負けてました。

肝心の釣果ですが、私は3ヒット3バラシのボーズ。

今回も本流の魚の力強さに圧倒されっぱなしでした。

掛かった後、ダーッと一気に下流に走られ、ドラグ緩いかな?と締める

キツすぎ

弛める

走られる

絞める

ハズレル

いずれの3匹もこのパターンで全部バラしてしまいました

旦那はニジ2匹ゲット 

51センチ↓ 

 P1010166.jpg
40センチ↓ 

P1010155.jpg 
 

釣ってはいけない魚4匹(勿論リリース)↓
P1010164.jpg  
 
ヒットルアーはDコン、エミシ、ラパラでした。


今回は海アメでお馴染みS夫妻もちょうど同じ方面に釣りに来ているということで、18日の夕マズメ一緒させてもらいました♪
そのときSさんが釣った60センチのニジマス↓
P1010158.jpg 

デカ!!太っ!!
“板ニジ”って感じでした。

いつか私もこんなデカニジ釣りたいな~

その後、S夫妻は釣れない私達に遅くまで付き合ってくれた上、
色々と沢山教えてくれました。
感謝感激です
長旅で疲れているだろうに、微塵も感じさせず。

一方、私たちから教えられることは何もなく・・・・、ほんと申し訳ない

そうそう、帰りはトラブル多発
最後のポイントに入ろうと車を走らせていると、なんと右後ろのタイヤがパンク。
P1010167.jpg

スペアタイヤに替え、運転中に旦那の左腕に違和感が。
なんとマダニが刺さってました!
P1010169.jpg 
 
翌日病院に行き処置後↓
P1010170.jpg
筒状の器具でエグリとられるそうです。

さらに災難は終わらず、処方された抗生物質の副作用が出てしまったらしく、旦那は1週間グッタリ。
始め副作用とは知らず、マダニが媒介するライム病とやらにかかったのではないかと思って心配しました。

なんやかんや色々ありましたが、あのSさんの釣ったぶっといデカニジが忘れられません。
懲りずに秋もリベンジに行きます!!
十勝川下流 初冬のあめます釣り
11月20‐21日は十勝川下流へあめます釣りへ

今年2月に一度来てみましたが、この時期は初めて。
ポイントよく分からないので、茂岩橋より下流に適当に入ります。

一日目

下流向かって左岸側に入ってみました。

朝は霧が濃くて、真っ白。
P1000502.jpg
途中「クエ―、クエ―」と騒ぎながら白鳥の群が飛んできたので、
いい絵が撮れるかしら?と写真をパシャリと一枚撮っていると、
股に挟んでいた竿にアタリが!
みると20センチくらいのアメマスがかかってました↓
120101120アメ

竿動かしてないのに何故?!流れでスプーンがヒラヒラしてたのかも…。
それで、止めるぐらいがいいのか?と思い、途中ルアーを止めたりしながらゆっくり巻き巻き…。 

午前中:私3匹
昼頃:私が昼寝中に旦那が2匹
夕方:二人ともボウズ…というパッとしない結果に終わりました。
いずれもダウンクロスでゆっっくりリトリーブ中にヒットしました。

寒くて動き鈍いの??
痩せてるから動きが機敏でないのかしら…?

20101120朝日 

この日は朝日が綺麗でした↑



二日目

下流向かって右側に適当に入りました。
20101121霧 

この日も早朝は霧がすごかった。
そして人も多かった。
 霧の向こう、上流側や対岸に5~6人の人が並んで竿を振っているのが見えました。
対岸の話声って、結構響くもんですね。
会話が丸聞こえ…

ダンナはD3カスタム30gが反応良かったらしく使っていたのですが、
重いので着水音がドッポーン!!
それを聞いた対岸の人達が「ライズだっ」「向こうの対岸でめっちゃライズしてるっ!」

音大きすぎて、魚のライズだと勘違いしたみたい(笑)。
お騒がせしました

ポイントが分からないので、場所を変えながら昼までやって、
私4匹、旦那5匹という微妙な結果に終わりました
20101121アメ
釣る人はもっと沢山釣れてるみたいですよね…?
色々投げてみたけど
ヒットルアーはディープオン赤28gで1匹、D3カスタムのスプーン30gで4匹
あと、小さくて重いスプーン(名前不明)で3匹くらいだったかな。

遠くに投げた時、もしくは流れと止水の境目を下流から巻いてきた時にヒットする傾向がありました。


途中出会った人の話では、昨日20日は霧が晴れてから活性が上がり、
ジグの遠投で結構釣れてたとか。

十勝下流 初冬のアメマスは初めてのチャレンジでしたが
まだまだ釣り方良く分からない~。

それにしても、この時期のアメマスは細い!
大きいの釣ってないのもあるけど
同じサイズの海アメに比べて弱々しい。
産卵後の弱ってるところを苛めてしまった感じ。

でもやっぱり、アメマスがよちよちと川へ戻っていく姿は可愛いな

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。