北海道の釣り★KANDEKO★日記
北海道で釣りを楽しむ嫁の日記。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小樽水族館
2月上旬の週末に、小樽水族館に行ってきました。
約10年ぶり(?)です。

その週末も道南は天気が荒れ模様だったので、旦那も釣りは諦めモード。

ちょうど小樽水族館で「ホテイウオ(ゴッコ)」の展示やってるらしい。

市場や浜で打ち上げられているゴッコはブヨブヨとしていて、鰭も短くグテ~っとした感じ。
筋肉あるの?と疑問に思うほど。
海の中の生きてるゴッコは果たしてどんな様子なのか?!

PA0_0041_20120226210322.jpg 
想像通り、なんともやる気のない感じでした↑
PA0_0040.jpg
こちらは小さいゴッコ↑ 石みたいにまん丸。

こちらはフウセンウオ↓
PA0_0023_20120226210322.jpg 
キモ可愛い??こっちを見て驚いている様子。

他にもオタリナやイルカのショー、ジェンツーペンギンの散歩が見られました。
PA0_0036.jpg PA0_0029_20120226210323.jpg PA0_0031_20120226210323.jpg
PA0_0028_20120226210338.jpg PA0_0025_20120226210322.jpg

結構楽しめました♪

スポンサーサイト
秘湯 新見温泉本館 日帰り入浴
新見温泉本館へ日帰り入浴してきました。
 PAP_0069_20101125221154.jpg

玄関にはいると、着物を着た上品な美人女将が対応してくれました

お風呂は場所が大きく二つ分かれているようです。

右の廊下を進むと、滝の湯・蒸し風呂、超音波風呂へつながっている第一内風呂(男女別)
左の廊下を進むと、露天風呂(混浴)へつづく第二内風呂(男女別)

地元の人は右に入ることが多く、観光客は左の露天付きに入ることが多いみたい。

私たちは観光客なので左の露天付きへ

露天は混浴ということで、「人がいたら入るまい・・・」と思っていたのですが、運よく貸し切り状態でゆっくり満喫♪
露天は水着で入るのはNGだけど、バスタオルはOKらしいです。

お湯は無色透明で、泉質は含石膏‐弱食塩泉(緩和性低張高温泉)
リンスインシャンプー
ボディソープ
カラン有り


秘湯の宿 新見本館
http://niimi-honkan.jp/index.html
白老 ポロト温泉
先日、ポロト湖の畔にある白老温泉に入ってみました。
ここがとっても良かった

残念ながら写真を撮り忘れてしまいましたが、これは特筆しておきたい。
以下良い点をあげてみました↓

①なんといってもお湯の質がいい!もちろん源泉掛け流し
色はモール温泉のようなほうじ茶色でアルカリ性。お肌がすべすべになり、うっかり化粧水をつけ忘れても次の日の肌の調子が良かった♪
湯船がちょっと熱いのですが、蛇口から水を出しつつ入ると馴れてくるのでお試し下さい。

②料金が良心的。大人400円。
この価格でボディソープとリンスインシャンプーが備え付けてあります。

③なんと、洗い場の蛇口からでるお湯も温泉。贅沢でもお湯がアルカリ性なのでリンスで中和しないと髪がバキバキになります(私は持ってくの忘れました

④地元の方の話ではここは毎日湯船のお湯を全部入れ替えてるらしく、さりげなく清潔感があります。

⑤露天はないのですが、窓を開けるとポロト湖が見えて露天気分も味わえます。

この温泉は地元の方に大変愛されているらしく、
実は一度閉店したのですが町の人達がお願いして営業を再開したとのこと。

愛されるのも納得の温泉でした。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。