北海道の釣り★KANDEKO★日記
北海道で釣りを楽しむ嫁の日記。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フライでブラウン初キャッチ
7月1日(日)

17時ごろ、フライのキャス練を兼ねて旦那と千歳川で夕マズメしてきました。
意外と水が冷たく寒くて、虫のハッチもほとんど見当たりません。

まだまだ、ド下手くそでループも不安定な私ですが、
今は投げてるだけで楽しい♪

勿論ドライフライはまだ無理なので、ウエットフライで挑戦です。

ふとした時に7センチ位のピンコがかかってくれました。
初めて釣れたのでピンコでも満足だったのですが、
そのあと思いがけず、35センチのブラウンが!!

いつもより上手く飛ばせたかなと思ったら、
ターンの所で喰ってきました。

でも取り込み方が分からなくて、ダンナに助けを求めて大騒ぎ。
手間取ったけど、何とかキャッチ↓
120701chitose.jpg

手間取ったため、グッタリ気味のブラウン。
記念すべきフライ・初ブラウンとなりました。
スポンサーサイト
久しぶりの釣り 尻別川本支流
10月9日(日)

旦那の休日が土日に戻ったのと、自分の体調も良くなってきたので
旦那のスペイの練習にくっついてニセコ方面に行ってきました。

午前は蘭越エリアの本流に入ります。初めての場所でポイントも
わからないので適当に入ります。

濁りは大したことなかったのですが、増水気味で川通しで移動出来ず
結局ポイント移動に多くの時間を割いてしまいました。

釣果の方は、当然ボーズ。

午後はボーズ回避のため、良く知っているM川へ。
しかし、今年の大雨の影響で川の地形がだいぶ変わっていました。
PA0_0168.jpg


川の状況は、やや濁りが入っているけど、水量は平水。

ここでは旦那がニンフで30cmぐらいのニジマス3匹、私が
スピナーで1匹。
PA0_0167.jpg
PA0_0169.jpg


久しぶりの渓流で、川歩きもままならく、そのうえちょっと歩いただけで
足がだるくなるぐらい体がなまりきっていました。

釣りの腕も旦那のフライとすっかり差をつけられてしまってる・・・ムムムッ!


またまた夕張 濁りの中の釣り
旦那の釣行記です。
生憎の大雨で、また日帰りでニジマス狙えるあの川へ行ったようです(今年何度目?)。

9月9日(金)

9月6、7日に降った大雨で近郊河川はどこも増水&激濁り。
くわえて土砂崩れも起きてて、コンディションは最悪。

木曜日は休日出勤だったので、強制的に釣りは休み。
金曜日はどうしようか迷ったけど、とりあえず近場の
川の様子を見に行くことに。

寝坊してしまい、朝7時半に現地着。
最上流部は濁りがなかったので、ちょっと竿を出してみるも
魚がいる気配なし。

少し下ると、かなり濁りが入っていたけど、経験上釣り自体は成立する
レベルだったので入ってみることにしました。

とはいっても、あまり釣れそうな気がしないから車に積んであった嫁の
ルアータックルにブレットン一個だけ持って入渓。

トロ場やヨレを狙ってキャストを続けていると、突然アタリが。
40cm弱の虹鱒が釣れました。期待していなかっただけに嬉しい誤算です。
GRP_0166.jpg


魚がいることが分かったので車に戻りフライに変え、再度入渓。

さすがにドライは無理そうなので、ニンフで釣りはじめます。
相変わらず、マーカー、ショット、リーダーのバランスがよく
分かりません。

それでも昼過ぎまでに3匹の虹鱒のアタリがありましたが全てバラシ。

午後にはまた雨が降ってきたので、これ以上濁ると危険なので撤収しました。

最近は天気が悪く、釣り場を探すのも一苦労です。



夕張 再び
今回も旦那のみの釣行。
先週に味を占めて、またあの川へ行ったらしい。

9月2日

この日は夕方から札幌で所用があったため、先週いい思いをした
近場の川へ。

生憎、朝から雨が降っていたけど、濁りはなく釣り可能と判断。

とりあえず、先週のポイントに入り、ビッグドライで釣り開始。

しかし、この日はドライには反応がほとんどなく、ほんのときたま
アタックがあるだけ。

しょうがないから苦手なニンフを試すことにしました。
フライはただ1種類もっていた黒のMSC。

イマイチ良く分からないまま適当に流すと20-30cmのニジマスが
飽きない程度に釣れました。
GRP_0164.jpg

昼になり、帰るために脱渓したところでバケツをひっくり返したような雨が降ってきました。
もう少し粘っていたら危ない所だった。
ラジオで天気予報を聞いたら、大雨警報が出ていました。





白老 山岳渓流 新規開拓
去年の今頃は、二人で白老の山岳渓流を攻めたっけな。
今年は旦那一人山奥へ。
熊とスズメバチが心配でしたが、別の小さいヤツに刺されたようです。

9月1日

ここ最近は遡行が楽な川しか攻めていなかったので、久しぶりに
山岳渓流に行きたくなり、白老へ。

白老の渓流は2本ほど良く釣れる川を知っているけど、今回は新規開拓を兼ねて、
入ったことの無い川に行きました。

最初に入った川は去年行ったイワナの楽園の隣の川。

渓相はいい感じだけど、魚の反応はなし。
2時間半ほど釣りあがるも何もなし。

上流にパラダイスがあると信じて、急な滝高巻いても結果は変わらず。
GRP_0163.jpg


その後、別の川を3本攻めたけど釣果は新仔ヤマメのみに終わりました。
3本目の川は渓相が良かったので、時間があるときにじっくり上流を攻めて
みたいと思わせる川でした。

今回の収穫は、去年も釣りをしているときにまとわりつかれた虫の正体がシラミバエ
という種類だと分かったこと。
PA0_0165.jpg
(出典:北海道大学出版会 札幌の昆虫より)

この虫は本来、鳥や獣に寄生する種類で、
ネットで調べたところ人が襲われることは無いようですが、
自分は去年に引き続き今年もこいつらにやられました。

汗に誘因されるようで、汗をかき始めると途端に大量のシラミバエにまとわりつかれます。

ブヨや蚊程は積極的に襲っては来ませんが、油断をしていると首筋あたりにチクッと
痛みが走ります。

あまりメジャーな虫でないので、去年は正体を突き止められませんでしたが、
今年はやっと正体がわかってすっきりしました。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。