北海道の釣り★KANDEKO★日記
北海道で釣りを楽しむ嫁の日記。
201107<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201109
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年 夏休み後半 知床 カラフトマス釣り
夏休み後半は知床カラフトマス釣りへ。

年に一度の恒例行事となり、今年で4年目。
羅臼の「ペキンの鼻」まで船で渡してもらい、番屋に一泊して一日半釣りしてきました。

1日目 8/14(日)
朝4時相泊漁港を出航。
ペキンの鼻に着くとすでにポイントに十数人刺さっていました。 
2011カラフト1 
仕方なく端の浅いエリアで釣り開始。

根ガカリを恐れつつ浮きルアーをキャスト。
しかも南風が強く左にすぐ流されがち。
何だか釣れる気がしません・・・・。

河口付近に居る人達がポツポツとヒット。
でも全体的に渋い様子。
岸寄りしてる魚がまだ少ないようです。

午前中で帰る人が居たので、空いたポイントに入って浮きルアーをキャスト。
遠くに飛ばせたな~と思ったら、やっと念願のカラフト1匹ゲット↓
2011カラフト2
しかもメス♪♪♪
早速イクラ丼作ってお昼に食べました。
醤油に2~3時間漬けただけだけど、生臭さもなくて、今までで一番美味しいイクラ丼が作れました

穫れたてサイコー

どうせ昼間は釣れないだろう…と食後は独りで尾根を散策。
尾根から見た釣り場の景色↓
2011カラフト3

その間に旦那がルアーで4匹ゲット。
網に入れて川に浸けといたら、なんとキツネに持ってかれた!!
気付いた時には喰いちぎられた網だけが落ちてました…。

悔しがっていると、旦那がもう一匹メスをゲット。
またキツネに食べられてたまるか!と、これは私がすぐに捌きました(写真取り忘れた)。

イクラ醤油漬けを作っていると、
なんと今度は熊が出現!!

海岸をこちらに向かってのそのそと歩いて居る姿は、まるで縫いぐるみのようでした。
「熊だ!」
とおじさんが叫んだら急にダッシュで山の奥へ。
意外と素早くてビックリ。
ちょうどカメラ持ってなくて撮れなかった。 残念~!


夕方、私も釣りを再開。
アタリらしきものは頻繁にあるのに、餌だけが食べられている…。
変だなーと思ったら、カジカがヒット↓

2011カラフト4 
犯人はこいつだったのね。

結局夕方はパッとせず終了。
明日の朝に望みを託します。

この日は旦那5匹、私1匹という釣果。
この日一番釣れた時間を私はブラブラして逃してしまったようです。

8/15(月) 

夜中に雨が降ったせいか、ちょっと岸寄りしてくれたようです。
恵みの雨だわ。

朝、夜明けとともに3時半くらいから釣り開始。
早すぎたのか、またしても根魚の感触。

その後ヒットなく、もしかして今日も渋いのか?と思っていたら
旦那が浮きルアーでオスをヒット↓
2011カラフト5
網に入れて川の水に浸してたら、またキツネが現れました↓
2011カラフト6 
右下のカラフトを狙っているようで、ルートを色々変えて忍び寄ってきました。
昨日で味をしめたのかしら?

その後、群れが岸寄りしてきたようで背びれの集団が見えました。
回遊している群れの前を通過するように流してやると、私のルアーにもヒット↓60センチのオス。
2011カラフト8
この日はオスが多かった。

2011カラフト7

朝8時にstop fishingで、この日は旦那6匹、私7匹(うち、スレ1匹
前日の釣果と合わせると旦那11匹、私8匹。

ヒットルアーは5~10gの地味目のスプーン(PARA黒、SSP黒など)。
いずれも超スローリトリーブで喰ってきました。
旦那のアドバイスのままに投げてたら釣れました。
前の日に一日中投げていただけあるなぁと感心。

勿論、浮きルアー(紅イカ付き)が有効な時も多かったです。

今年は何とか最後に釣れたけど、我が家のカラフト釣りは年に一回なので、
後悔しないよう、色んな状況を想定して道具を持っていった方がいいなと思いました。

カラフトマスは2年前豊漁だったので、今年は当たり年かもと言われていたのですが、
今はまだそれほど岸寄りしてきてないようです。
海水温が高いのかな?
それとも雨が少ないとか?

常連さんの話では、このポイントで背っぱってない銀ピカを狙うなら来週あたりがちょうど良いのではないか?とのことでした。

2011カラフト10
スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。