北海道の釣り★KANDEKO★日記
北海道で釣りを楽しむ嫁の日記。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青森 蔦温泉(つたおんせん)

年末年始は実家に帰りがてら、東北の秘湯224にいくつか立ち寄ってみました。

東北は秘湯と呼ばれるに相応しい鄙びた温泉の宝庫ですね420ムード満点!!

まずは青森の八甲田山麓にある『蔦温泉(つたおんせん)』です。↓


PA0_0012.jpg 

1147年にはすでに湯治小屋があったとされ、八甲田地方最古の温泉と言われているらしく

店構えからして歴史を感じさせる、とっても趣深い温泉でした。

雪がまた似合う!!

泉質:無色透明な硫酸塩泉  

お風呂:①『久安の湯』・・・・内湯のみ。総ヒバの浴槽 時間帯で男女別 

     私は丁度入れませんでした241 旦那の話ではよくこれぞ秘湯という雰囲気でとっても良かったそうです。

     湯量も豊富でお湯が溢れているため、床に寝そべってお湯を楽しむこともできたそう。

     そして浴室内には水槽があり付近に住む川魚を眺めながら入れるとか。見たかった。     

お風呂:② 『泉響の湯』・・・・・内湯のみで男女別。

       天井が高く、その名前の通り溢れるお湯の流れが風呂場に響いてこれまた素敵。

 

  いずれのお風呂も源泉の上に浴槽があり、湯船の底から泡と共にお湯が湧き出てきます46

  そのため、空気に触れていない質の良いお湯が直接楽しめるんだそう224

湯船は最初「熱っ!!」って思うのですが、入っているとだんだん心地よくなって適度に感じられてきます。

秘湯でありながら、お風呂の一画にシャワー、洗面台にはドライヤーも設置してあるという憎い配慮287

 

いつかまた行きたいなぁ!!

 

 

冬の奥入瀬

一度は行ってみたいと思っていた奥入瀬渓流。
しかし、冬の奥入瀬は私が想像していたものとはちょっと様子が違いました。


川を覗き込むと、…アレ?水少なくない?めちゃ浅いよ?!
よく写真で見る水量豊かな川はどこ??
本当にここ奥入瀬?
PA0_0010.jpg 
ところどころにある滝はおっきなツララが出来ていて、ちょっとだけダイナミックでしたが、川自体はチョロチョロと寂しい流れとなっていました。

  PA0_0011.jpg
奥入瀬は冬に見るものではないかも229

今度は是非春~秋に訪れたい。

八戸 朝市

フェリーが八戸に着いたのは朝の5時前。
せっかくなので陸奥湊の朝市を覗いてみました。
なんでも朝3時頃から毎日やっているらしい。
市場はどこか昔懐かしい雰囲気

PA0_0016.jpg 

PA0_0017.jpg 

ここでは実家への土産として、青森名物『なまこ』、『キンキ』と『鮫ガレイ』の一夜干しを仕入れました。

後日父から聞いたところによると、キンキと鮫ガレイの一夜干しが特に美味しかったみたいです。
鮫ガレイは皮もうまいらしいので、今度機会があったら是非食べてみたい!!

リンク

友達のブログをリンクしました。

「紺碧の空2~札幌カフェ・グルメ日記とブログツール初心者のつぶやき~」です。

彼女は多趣味で、いつも話題が豊富な楽しい友達です185

ブログも専門的なブログツールの話から、

札幌周辺のカフェ、グルメ、音楽、さだまさし etc....  まで

多岐にわたってて面白いので、是非覘いてみてください

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。